恵比寿の地名ってどんな由来かご存じですか。御徒町は下級武士の御徒の屋敷が多かったから。日暮里は「日が暮れてもあきない里」などなど地名にはその時代のエリアの特徴が大きく関係していることが多いです。
では、恵比寿はどんな由来があるのか探して見ました。
結果は地域の特徴は全く関係ないといいます。東京府荏原郡目黒村三田。これが明治時代の恵比寿の名です。このころは民家もない質素なエリアだったそうです。
では、いつ恵比寿になったのか。ご存じ恵比寿ビールの工場が建設され配送するために駅が設立された時、この駅名を”恵比寿駅”と名付けたことから徐々のこのエリアは恵比寿と認識されたそうです。

ガーデンプレイスに恵比寿ビールの本社があるのはまぁ有名な話です。
西側は居酒屋の界隈なのでそういった歴史に浸りながら飲み会の集団江を尻目に1人でのんびり飲みました。
その後、一直線に帰るのはちょっと物足りなかったんで風俗行こうかと思ったんですがマップで調べたら風俗店もラブホも思ったより見つからなくて苦労しました。
まぁ、山手沿線なので目黒の風俗店にも行けますし、何よりラブホさえ確保すればデリヘルでもホテヘルも呼べるんでどうにでもなります。
これからの時間を風俗に割いて楽しみましょうかね。

恵比寿で欠かせないものといえば、ビールです。
1890年に発売された恵比寿のビールは、今や全国で愛飲されており、現在でも根強い人気を誇っています。
恵比寿にはビール工場や記念館などがあり、ビールファンや観光客などで賑わっています。
記念館では、ビールの歴史や美味しい飲み方などが紹介されており、もちろん、飲む事も出来ます。記念館には様々な種類のビールが楽しめるので、ビールファンにはたまらない内容になっています。
また、グッズなども販売されており、お土産として購入する方も多いです。

ビール記念館、ビール工場にてお酒を楽しんだ流れで、風俗を利用すると、更に恵比寿を満喫できます。
エリア内にはラブホテルの数は少ないですが、デリヘル、ホテヘルが多く利用されています。
デリヘルとホテヘルは同じ無店舗型の風俗業種ではありますが、営業システムはそれぞれ特徴的なものがあります。
デリヘルであれば、電話にて受付を完結させますが、ホテヘルの場合、受付所まで行って予約を取る必要があります。また、デリヘルは出張先がラブホテル、お客様の自宅と幅広いですが、ホテヘルの場合はラブホテルのみの出張となります。
このように、デリヘルとホテヘルでは利用の仕方が若干異なるので利用する際は注意が必要です。

恵比寿駅周辺には、オシャレなカフェやレストランが充実しています。
ランチ時になれば、OLやサラリーマンといった人々で多く行き交い、店内も活気に溢れています。
特に女性向けのお店が多く、1人様でもOKなオシャレなカフェ、レストランが沢山あります。
女性向けとなると、ヘルシーなオーガニック料理を取り扱ったお店が人気であるという印象が強いですが、そんな事はなく、恵比寿では以外にもラーメン店が人気ナンバーワンという結果になっています。
テレビや雑誌でも取り上げられている有名なラーメン店は、こってりというよりもあっさり系のラーメンが多く、女性でも食べやすいメニューが豊富にあります。

恵比寿は女性向けのグルメやファッション店が多いですが、繁華街を行くと男性向けの風俗店が数多く立ち並んでいます。
隣のエリアである渋谷よりは風俗店の数も少なくなってしまいますが、優良風俗店が多いので、サービスは充実しています。
風俗の定番ともいえるファッションヘルスは、ピンサロよりも幅広いプレイ内容で性欲を満たしてくれます。
内容はデリヘルとほぼ変わりませんが、店舗型となるので、交通費やホテル代といった費用を支払う必要がなく、デリヘルよりも安価で同じサービスが楽しめます。

Search
Archives